溶岩浴と岩盤浴の違い | 溶岩浴しよう!

溶岩浴と岩盤浴の違い

溶岩浴と岩盤浴とで、決定的に違うのは「温度」です。

溶岩浴とは溶岩でできた45~50度のベットにタオルを敷いて寝転び、汗を流すサウナのようなものです。

岩盤浴よりも温度が高いので、身体の芯まで温まりことができ、
岩盤浴よりも大量の汗をかくことができます

また、温度のほかにも溶岩浴の方が岩盤浴よりもミネラル成分が多く、遠赤外線の放射率も高いです。

今までずっと岩盤浴をやってきたけど「汗のかき方が物足りない」
「もっと効果を得たい!」と感じている人にぜひお勧めしたいのが「溶岩浴」です。

簡単にいってしまうと、溶岩浴が岩盤浴のパワーアップバージョンですね。

なお、溶岩には含まれているけど、岩盤には含まれていない成分として「バナジウム」があげられます。

このバナジウムという天然ミネラル鉱物が岩盤浴を超える効果を引き出します。

バナジウムには血糖値を下げる効果があったり、糖尿病の予防や肥満防止にも効果的です。