血糖値を下げる | 溶岩浴の効果

血糖値を下げる

富士山の溶岩を通り、ろ過された地下水には日本で一番バナジウムが含まれていることで有名です。

そして、バナジウムには血糖値を下げ、糖尿病を予防する効果があるとされています。

その他、肥満防止にも大きな力を発揮することが近年の研究で明らかになりました。

日本で唯一富士山の溶岩を通って、ろ過された地下水には高濃度のバナジウムが含まれています。

富士山の溶岩は玄武岩でできており、その玄武岩にバナジウムが多量に含まれています。

なので、富士山麓の地下水にもバナジウムが多く含まれているのです。

糖尿病などの治療には一日、数10mgのバナジウムが必要とされていますが、
健康目的のためであれば、その数100分の1の量でも効果が十分期待できるそうです。

なので、健康目的であれば市販されているバナジウム水を1日1リットル飲めばいいかと思われます。